GM Stech BLOG

大阪を中心に活動する3人のボーカル率いるインディーズバンドブログ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | amazonで買う!
<< ホテルの高級ラウンジにて… | main | 今日のライブ招待のチャンス >>

「大盗禅師」 司馬遼太郎

大盗禅師
大盗禅師
司馬 遼太郎

 時は戦国時代も落ち着いた、徳川三代将軍・家光の江戸時代初期。


 主人公である、豊臣方の某臣の落としだね”浦安仙八”という(当時の農民という階級の知識層では平凡な)世間知らずが、智や学が無い故に”権威”というものに怖れ、敬い、その権威にじかに触れることにより支配されるという恍惚を覚える。


 次第にその持って生まれた兵法により、己がその権威を身に着ける(着けられる)ことにより、そのカラクリを仙八なりに理解していく。


 
 時に仙術、幻術が霧のように用いられ、一体この作品はどの方向に向かっていくのかと思ったが、やはり司馬遼太郎らしく”現実”の本質を良く示してくれていた。



この作品はようするに

・”権威","カリスマ”の構造の解説
・鮭が川を逆流するのを見て、人間様も笑えんぜ


ちゅう事が書かれているのです。
GM Stech | permalink | comments(2) | - | amazonで買う!

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | amazonで買う!

この記事に対するコメント

そぉなんだ。。φ(・・)カキカキ...
まみ♪ | 2006/02/18 3:39 PM
そぉなんです。。
Kackey | 2006/02/18 7:38 PM
コメントする









RECOMMEND